腸内フローラ

腸内フローラを徹底解説!

投稿日:

「腸内フローラ」という言葉をテレビや雑誌などで見かける機会が多いですが、「腸内フローラ」が一体どんなものなのかを具体的に説明できますか?

今まで、なんとなく「腸内フローラ」について理解していた人もこの記事を呼んで「腸内フローラ」を正しく理解してもらえたら嬉しいです。

 

腸内フローラとは

腸内には、数百種類に及ぶ600兆個の細菌が存在しており、小腸と大腸にグループを形成してまとまって生息しています。その状態がまるで「お花畑」の様に見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。

腸内フローラは人種や食事などの生活習慣、年齢などによって変わるため、人それぞれ違った腸内フローラを持っています。

「腸内フローラ=腸内細菌の集合体」と覚えていただき、「腸内フローラを美人にする=腸内細菌のバランスを整える」と思ってください。

腸内細菌について

腸内フローラの根源である腸内細菌には大きく分けて3種類あります。

善玉菌

乳酸菌やビフィズス菌、ラクトフェリンなどのことを指し、悪玉菌を抑制したり腸の動きを活発にすることで腸の調子を整える働きをします。

胃腸の調子が悪いときは、善玉菌が少なくなっていることが原因の可能性が高いです。

悪玉菌

代表的なものは大腸菌などで腸内で有害物質を生成するため、便秘や下痢の症状を引き起こすなど腸内環境を乱す理由の一つです。

悪玉菌の割合が多すぎると、大腸がんなどの大きな病気にもつながる危険性があります。

日和見菌(ひよりみきん)

日和見菌は、バクテロイデスやユウバクテリウムなどが代表的な菌で、善玉菌と悪玉菌の優勢な菌に味方する作用があります。

3つの菌のなかで、日和見菌が一番多い割合を占めるため、一番厄介な菌とも言われております。

3種類の菌のバランス

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌について、一番理想的なバランスは、

善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7

と言われています。

善玉菌が悪玉菌を少し上回ることで日和見菌が善玉菌の味方をするので、腸内のバランスが整います。

しかし、悪玉菌が善玉菌を上回ってしまうと、日和見菌が悪玉菌の味方をしてしまうため、腸内のバランスが悪化してしまいます。

悪玉菌は生活習慣で増えやすい

食生活やストレスなどで悪玉菌が増殖しやすいため、悪玉菌が増殖しないように気をつける必要があります。

食物繊維が少なくて脂が多い食事を摂取すると悪玉菌が増える可能性が高くなるため、食事は特に注意が必要です。

善玉菌を増やすには積極的に乳酸菌を摂ろう

善玉菌の割合を維持するためには、食事のときに意識して乳酸菌を摂るする必要があります。

ただ、食事だけでは乳酸菌を必要な分だけ摂ることはなかなかできないため、サプリメントなどをうまく活用しながら補っていくことがおすすめです。

腸内フローラを美人にしてくれるおすすめサプリメント

乳酸菌、ビフィズス菌、ラクトフェリンを一緒に摂ることができる乳酸菌サプリメントのフローラ美人がおすすめです。

>>フローラ美人の公式サイトはこちら>>

>>フローラ美人を試したリアルな口コミはこちら>>

-腸内フローラ

Copyright© フローラ美人の口コミと効果は本当?30歳主婦のリアルな口コミを大公開! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.